(社)日本建築医学協会 会員規約
第1条 [目的]
この規程は、一般社団法人日本建築医学協会定款(以下「定款」という)第3章の規定に基づいて、会員に関する事項を定める。
第2条 [会員の種類及び資格要件]
会員は、一般会員、賛助会員、特別会員、登録会員の4種類とし、各会員の資格要件は以下のとおりとする。
<1> 一般会員   一般社団法人日本建築医学協会(以下「本協会」という)の目的に賛同する個人または企業・団体であって、所定の入会申請を行い、理事会の推薦を得、その入会を代表理事が承認するものとする。
<2> 賛助会員   本協会の事業に賛助する個人または企業・団体であって、所定の入会申請を行い、理事会の推薦を得、その入会を代表理事が承認するものとする。
<3> 特別会員   本協会に功績のあった個人または、学識経験者で社員総会において推薦された個人。
<4> 登録会員   本協会の趣旨に賛同する個人・家族であって、所定の加入申込みを 行うものとする。
第3条 [退会]
会員が本協会から退会しようとするときは、退会を希望する1か月以上前までに、本協会代表理事宛に退会届を提出しなければならない。なお、退会申出者に会費の滞納があるときは、期間を定めて納付を催告し、指定の期間内に納めなかったときは除名する。
第4条 [会員の資格喪失]
会員が次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
    (1)退会したとき。
    (2)会員で ある法人または団体が解散若しくは消滅したとき
    (3)除名されたとき
    (4)半年以上会費を滞納したとき
第5条 [会費の納入]
入会の承認を得た者は、当年度分の会費の納入をもって会員となる
2、会費の計算は年度によるものとし、会費は毎年12月に当年度の1年分を納入しなければならない。
3、年度途中で入会を承認されたときは、年会費を月割りとし、代表理事に承認された翌月より起算する。
第6条 [会費]
各会員の会費(年額)は次の通りとする。
    (1)一般会員  一口 3,000円(一口以上)
    (2)賛助会員  一口30,000円(一口以上)
    (3)名誉会員  無料
    (4)登録会員  無料
第7条 [会費の返還]
納入済みの会費は、特段の事由がない限り返還しない。
第8条 [除名]
会員が次の各号の一に該当する場合には、理事会において理事現在数の3分の2以上の決議を経て、これを除名することができる。
    (1)本協会の定款その他の規則に違反したとき。
    (2)本協会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
    (3)その他除名すべき正当な事由があるとき。
2、前項各号の理由により会員を除名しようとする場合は、当該会員にあらかじめ通知するとともに、除名の決議を行う理事会において、弁明の機会を与えなければならない。
3、除名処分となった者に対し、納入済みの会費等は一切返還されない。
第9条 [改正]
この規程の改正は、理事会の決議を経て、代表理事が行う。
附則
この規程は平成21年12月1日から施行する。
ページトップ